ijigen.net

デジタルものづくりブログ

【雑談】令和なのにPS3を買った話。もうPS5の時代なのに…【PlayStation3/プレステ3/CECH-A00】


買っちった…( ;´∀`)

youtu.be

本記事のYouTube版はこちら


フラッと寄ったが運の尽き

とある蒸し暑い日の、夕暮れ時に…私はとある古本屋の前を通りました。


この古本屋の名前を、仮に「ふっふおふ」としておきます。


あ、「ふっふおふ」だ。最近いってないな。
掘り出し物があるかもしれないし、寄ってみようかな。


私は吸い込まれるように、その古本屋へと入っていきました。

 

自動ドアをくぐると、涼しい風が、体をひんやりと包み込みます。


「あ、冷房が効いている。涼しくて気持ちいいな。」


私は暑さから逃げるように、店の奥へ奥へと進んでいったのでした。

 

気がつくと、そこは古いゲームのコーナー。懐かしいゲームがたくさん並んでいました。
ファミリーコンピューターにスーパーファミコン…
黄ばんだ樹脂が、時間の流れを感じさせます。

 

そこで、とある一本のゲームソフトに目が止まりました。

 

「あ、このゲーム…知ってる…」

 

それは初代プレイステーション…PS1のとあるゲームソフトでした。
遠い昔、友人が持っていたゲームソフトで、少し遊ばせてもらったことがあります。

とても面白いゲームで、当時の私はそのゲームを買おうとしたのですが…近所のゲーム屋さんには、もう売っていませんでした。

ちなみに、その友人は、その後引っ越してしまい、今はどこで何をしているのかもわかりません。

 

あの時買えなかったゲームが、今、目の前に…

 

これがそのゲームソフトです。

え、なんでここにあるかって?
そりゃあもちろん…買っちゃったからです。

や…やっちまった…(;´∀`)

 

PS1のケースは、パッキパキの硬い素材を使っており、ケースを開けると「パキッ」という音がします。

あぁ〜PS1の音ォ〜


なお、このケースはバッキバキに割れやすいので、注意が必要です。

 

なお、デジモンワールドには初期生産型と後期生産型があるらしく、これは後期生産型かな…?

丸い印が後期生産型のマークらしいです。

初期生産型はバグがあるらしく、普通にプレイするなら後期生産型が良いらしいです。
ということは、私にとっては当たりですね( ´∀`)

 

そういえば、昔のゲームソフトは説明書がありましたね。

最近はあまり見なくなりました。

 

しかし、テレビゲームというのは、ソフトだけあっても遊べません。ゲーム機本体が無いと遊べないのです。

昔使っていた、PS1は、既に捨ててしまっていて、もう手元にはありません。

このソフトのためだけにわざわざ昔のPS1を買う?結構邪魔にもなるしな…
そこで私は、昔欲しかったゲーム機のことを思い出しました。

 

PS1だけでなくPS2のソフトも遊べる、特別なPS3のことを。

 

発売当初のPS3は、こりにこったゴッテゴテの豪華仕様で、PS1だけでなくPS2のソフトとも互換性がありました。(※後発のPS3は、PS2との互換性が無くなっているらしいです。)
しかし発売当時の価格が6万円くらいでしたかね…とてもとても高くて買えませんでした。

当時の私は、いつか買ってやろうと…そう考えていたのです。

 

これがそのPS3です。

…買っちまった…

令和の時代にPS3を…。

 

このPS3なら、PS1、PS2、PS3のソフトが遊べるだけでなく、ブルーレイやDVD、CDも再生出来るし、これなら買ってもいいかな…と思ってしまったわけです。

 

これが危険な考えだと、その時は気付きもしませんでした…。

 

それらのソフトも遊べるとなると、芋づる式で欲しくなってきてしまいます。

PS2といった…他のソフトも。

ぼくなつ2…買っちまった…

 

夏を感じる、美しい青空のディスク…最高か…( ´∀`)

 

某イラストレーターさんのイラストで溢れる説明書、最高か…( ´∀`)

中古のPS3(CECH-A00)開封

購入したPS3は、ビニールで覆われていて状態がわかりません。

 

中古品は、たまにとんでもないハズレがあります。

 

以前MIDIキーボードを購入したとき、強烈なタバコと犬の匂いが染み付いていて取れなかったことがあります。

 

大丈夫だろうか…ドキドキしながら開封。

 

美品とまでは言えませんが、思っていたよりも綺麗で一安心しました。
少し汚れがありますが、掃除で除去出来るレベルです。

 

ちなみに2006年発売の「CECH-A00」という60GBのモデルです。

数自体は出回っているらしく、激レアというほどのものでも無いようです。

 

付属していたケーブル類も、問題ありませんでした。

 

前面のUSBポートは4つ。

 

カードスロットもずらり…今見ても豪華仕様です。

一番右のスロットはメモリースティック用ですかね。(メモリースティックも懐かしいですね。)

 

なお、コントローラーは付属していなかったので、別途購入しました。
こちらは中古で1,500円でした。

 

コントローラーの方は汚かったですね…(;´∀`)溝に謎の茶色いものが詰まっていました。分解してお掃除。

 

地味なところですが、プレステのロゴマークの角度が変わるところ、好きです。

動作確認

いざ動作確認!ケーブルをさして…

 

主電源を入れて…

 

スイッチオン!

 

何気なくタッチ式スイッチ。無駄に豪華だ…

そして排熱が凄い。

消費電力を確認してみると、最大消費電力380Wという仕様でした。最大消費電力はPS5よりも大きいです。(※最大値なので、常に380W消費しているわけではない。)

正直なところ、この機種を他の人にお薦めするかというと、お薦めしないですね。(;´∀`)製造も古いので、いつ壊れるかわからないですし…

 

電源を入れると、無事にPS3の出力が映りました。

コントローラーの充電が切れていたため、充電をしてから設定を行います。

 

ファームウェアのアップデートなども行いました。

それにしてもPS3の起動画面、かっこいいですね。

 

PS1のソフトも無事に起動、プレイが出来ました。SCEの表記に時代を感じます。

PS2のソフトに関しては、何回か読み込みに失敗しました。PS2のソフトを動かす部分だけが壊れる。という事例があるらしく、この機体も同じ道を辿るかもしれません。長生きしてくれ〜(;_;)

 

てなわけで、今回は…令和なのにPS3を買う羽目になり、さらに芋づる式で他のソフトも買うことになるので、フラッと「ふっふおふ」に行くのは非常に危険。という話でした。

みなさんもぜひ、「ふっふおふ」にフラッと立ち寄ってみては?(白目)

よければチャンネル登録Twitterフォローなどお願いしまーす(・ω・)ノ!

TOPに戻る