ijigen.net

デジタルものづくりブログ

「Simply Cloth」使い方&レビュー!めんどうなクロスシミュレーションの設定を、支援してくれるBlenderアドオン

f:id:ijigen_net:20210918221118j:plain

Blenderのクロスシミュレーションは楽しい!けれど、よくわからない項目が沢山!そして設定に時間がかかる!というわけで、布の設定が簡単に出来るアドオン「Simply Cloth」を使ってみました(・ω・)ノ

本記事のYouTube版はこちら

Simply Clothについて

f:id:ijigen_net:20210918213446j:plain

「Simply Cloth」は有料で配布されているアドオンです。Blender Marketなどで販売されています。

 

ちなみに私は、Blender Marketにて購入しました。

 

f:id:ijigen_net:20210918213450j:plain

私が購入した時の価格は「19ドル」でした。

※その後、バージョンアップにより価格が上がったようです。有料アドオンの価格は全体的に上昇傾向にありますね…

なお、このBlenderアドオンの作者の方は、他にも面白そうなアドオンを作っているみたいなので、こちらも要チェックです。

VjaceslavT Store Front - Blender Market

 

※同じ作者の方が作った「Simply Concept」というBlenderアドオンも、購入してレビューしてみました。こちらも良ければご覧ください。

使い方

「Simply Cloth」のバージョンアップにより、使い方が変更された箇所があるかもしれません。

インストール方法

f:id:ijigen_net:20210918213455j:plain

インストール方法は一般的な方法でした。(助かる!)

まずはBlenderの「Edit」から「Preferences...」を選択します。

 

f:id:ijigen_net:20210918213459j:plain

表示された「Blender Preferences」ウインドウの左側の項目から「Add-ons」を選択し、ウインドウ右上の「Install...」をクリック。

 

f:id:ijigen_net:20210918213508j:plain

Blender Marketからダウンロードしてきた「Simply Cloth」のZIPファイルを選択します。

※ZIPファイルは解凍しないようにしてください。特にMacユーザーは要注意です。Safariの初期設定だと、ZIPファイルはダウンロードした時点で自動解凍されてしまいます。自動解凍の設定を変更するか、Google ChromeやFirefoxといったSafari以外のウェブブラウザを使用する必要があります。

 

f:id:ijigen_net:20210918213514j:plain

「Install Add-on」をクリックします。

 

f:id:ijigen_net:20210918213518j:plain

最後に有効化をします。「Object:Simply Cloth」のチェックボックスにチェックを入れます。

 

f:id:ijigen_net:20210918213523j:plain

Blender Preferencesを閉じて、Blenderを再起動しましょう。これでインストールは完了です。

パネルの表示方法

f:id:ijigen_net:20210918213528j:plain

「N」キーを押すと、画面右側にサイドバーが表示されます。

サイドバーには、インストールしたアドオンがタブ表示されます。

 

f:id:ijigen_net:20210918213533j:plain

タブの中から、「Simply Cloth」を選択します。

 

f:id:ijigen_net:20210918213538j:plain

「Simply Cloth」のパネルが表示されます。

 

実際に使ってみよう

f:id:ijigen_net:20210918213543j:plain

まずは布となるメッシュオブジェクトが必要です。今回は「Grid」を使って試してみることにします。

「Add」から「Mesh」の項目を選択し、「Grid(グリッド)」を選択し作成します。

 

f:id:ijigen_net:20210918213547j:plain

画面左下に、作成する「Grid」の詳細が表示されます。

今回は上のような値で作成しました。

X Subdivisions:20

Y Subdivisions:20

Size:4m

Location Z:2m

 

※もしもよくわからない場合は、動画の方も参考にしてみてください。

 

f:id:ijigen_net:20210918213552j:plain

このような状態になっていればOKです。

 

f:id:ijigen_net:20210918213557j:plain

先ほど作成した「Grid」を選択した状態で…

 

f:id:ijigen_net:20210918213602j:plain

「Create Cloth」をクリックします。

 

f:id:ijigen_net:20210918213608j:plain

選択したオブジェクトに、布のシミュレーションの基本設定が自動で適用されました。

(モディファイアのプロパティを見れば、どういった設定がなされたか確認出来ます。)

 

f:id:ijigen_net:20210918213613j:plain

「Play」ボタン(または、スペースキー)をクリックしてみましょう。シミュレーションが開始されます。

 

f:id:ijigen_net:20210918213618j:plain

シミュレーションが開始され、「Grid」が落下していきます。

しかし、立方体を突き抜けて落ちていってしまいます。これは、立方体に衝突の設定がされていないからです。

 

f:id:ijigen_net:20210918213629j:plain

「Reset」ボタンを押して、一度シミュレーションを止めましょう。

 

f:id:ijigen_net:20210918213634j:plain

立方体を選択して…

 

f:id:ijigen_net:20210918213639j:plain

「Collision(衝突)」の項目から「Activate(有効化)」をクリックします。

これで立方体に、衝突の設定が出来ました。

 

f:id:ijigen_net:20210918213644j:plain

Gridを選択して、もう一度「Play」ボタンをクリックしてみましょう。

 

f:id:ijigen_net:20210918213653j:plain

無事に立方体の上に「Grid」が乗っかり…

 

f:id:ijigen_net:20210918213658j:plain

布のように歪みました。しかし、少し大味すぎますね。

細かい部分を調節して、よりリアルさを感じる布にしていきます。

メッシュの細かさの調整

f:id:ijigen_net:20210918213702j:plain

これは「Grid」のメッシュが粗すぎるためです。

基本的には、メッシュが細かければ細かいほど、細かいシワが出来て、リアルさが出ます。(パソコンの負荷も増えますが)

「Simply Cloth」のパネルから「Subdivision(分割)の値を上げてみましょう。今回は値を「2」にしてみました。

設定が済んだら、もう一度「Play」ボタン(またはスペースキー)を押してシミュレーションをしてみましょう。

 

f:id:ijigen_net:20210918213711j:plain

先ほどのシミュレーションよりも、細かいシワが出来て、よりリアルさを感じる結果になりました。
布の突き抜けに関しては、Self Collisionの項目にて後述します。

 

f:id:ijigen_net:20210918213715j:plain

なお、「Wireframe」ボタンを使うと、簡単にワイヤフレーム表示に切り替えることが出来ます。(ありがたや)

 

f:id:ijigen_net:20210918213721j:plain

メッシュの細かさが分かりやすいですね。

このようにクロスシミュレーションに使う項目が、パネルにまとまってくれていてとても便利です。

 

f:id:ijigen_net:20210918213726j:plain

なお、「Smooth(表面の滑らかさ)」などの値も、このパネルから調整出来ます。

※なお、スムーズシェーディングに関しては、自動で適用されないようです。そのため自分で適用する必要があります。

オブジェクトを選択し、右クリック、「Shade Smooth」を選択で簡単に適用出来ます。

 

f:id:ijigen_net:20210918213735j:plain

Smoothの値を5にしてみました。

先ほどよりも、少し滑らかな印象になりました。

プリセットについて

f:id:ijigen_net:20210918213740j:plain

布の硬さなどを1から設定するのは、少々面倒です。「Simply Cloth」に収録されているプリセットを上手く使うと、より効率的に設定が出来ます。

しかしプリセットを使うにしても、細かい値は自分で設定する必要があります。

Cloth Parameterについて

f:id:ijigen_net:20210918213745j:plain

プリセットを選択した後に「Cloth Parameter」の項目を調節して、自分の理想の布に近づけていきましょう。

ここのパラメーターについて、色々実験してみました。いくつか解説をいたします٩( 'ω' )و

Self Colision(自己衝突)について

f:id:ijigen_net:20210918213752j:plain

Self Collisionは、布自身の衝突の設定です。この項目がオフになっていると…

 

f:id:ijigen_net:20210918213756j:plain

布同士がぶつかった時に、突き抜けてしまいます。

 

f:id:ijigen_net:20210918213800j:plain

「Self Collision」をオンにすれば…

 

f:id:ijigen_net:20210918213804j:plain

布同士がぶつかっても…

 

f:id:ijigen_net:20210918213809j:plain

突き抜けません。リアルさが欲しいときは、必須の項目ですね。

※もし「Self Collision」をオンにしても突き抜ける時は、シミュレーションのクオリティを上げる必要があります。

シミュレーションのクオリティを上げる

f:id:ijigen_net:20210918213813j:plain

突き抜けを防止し、より高品質なクロスシミュレーションを行いたいときは、シミュレーションのクオリティの値を上げます。

左がクロスシミュレーションのクオリティで、右が衝突のシミュレーションのクオリティです。

 

f:id:ijigen_net:20210918213818j:plain

この値が低いと、マシンへの負荷は減りますが、雑なシミュレーションになります。平気でオブジェクト同士が突き抜けます。

 

f:id:ijigen_net:20210918213823j:plain

この値が高いと、マシンへの負荷は増えますが、よりリアルなシミュレーションになります。

より良いパソコンが欲しくなりますね…

Weight(重さ)について

f:id:ijigen_net:20210918213827j:plain

Weightでは、布の重さを変えることが出来ます。Weightの値が低いと 、軽いふわふわの布になります。

 

f:id:ijigen_net:20210918213831j:plain

逆にWeightの値が高いと、薄いゴムのような重たい布になります。

Stiffness(剛性)について

f:id:ijigen_net:20210918213835j:plain

Stiffnessの値が低いと、ドロッとした、伸びる布になります。

逆にこの値が高いと、伸びにくいカチッとした布になります。

Folds(しわ)について

f:id:ijigen_net:20210918213840j:plain

この値が高いと、アイロンをかけていない布のような、ゴワゴワ、シワシワの 布になります。

Wrinklesについて

f:id:ijigen_net:20210918213845j:plain

Wrinklesは値を増やすと小さなしわが増えました。ちょっと分かりにくいですね…

Shrink(縮み)について

f:id:ijigen_net:20210918213850j:plain

Shrinkを加えると、キューっと布が縮んでシワシワになります。

Edit ModeとObject Modeでパネルの内容は切り替わる。

f:id:ijigen_net:20210918213854j:plain

なお、Simply Clothのパネルの内容は、Edit Modeにすると内容が切り替わります。

 

f:id:ijigen_net:20210918213859j:plain

Edit Modeでは、部分的にメッシュの細かさを変えたり、布同士を縫い付けたり、ピンで止めたり、といったことが出来ます。

Mesh Subdivisionsについて

f:id:ijigen_net:20210918213905j:plain

Mesh Subdivisionsのボタンを使うと、簡単にメッシュの分割数を増やしたり、分割数を減らしたり出来ます。

Density Paint(密度のペイント)について

f:id:ijigen_net:20210918213910j:plain

Density Paint機能を使うと、部分的にメッシュを細かくすることが出来ます。

 

f:id:ijigen_net:20210918213919j:plain

Density Paintで赤く塗ったところはメッシュがより細かく、青い部分はメッシュが荒くなります。

 

f:id:ijigen_net:20210918213924j:plain

ペイントが終わったらObject Modeに切り替えてみましょう。

※なお、Object ModeとEdit Modeは、「Tab」キーで切り替えることも出来ます。

 

f:id:ijigen_net:20210918213929j:plain

ワイヤフレーム表示をオンにしてみてください。先ほど赤く塗ったところはメッシュが細かく、青いところはメッシュが荒くなっていることが確認できます。

ピン留めしてみる

f:id:ijigen_net:20210918213934j:plain

「Simply Cloth」を使うとピン留めも簡単です。

Edit Modeにてピン止めしたい頂点を選択します。(今回はGridの四隅の頂点を選択しました。)

 

f:id:ijigen_net:20210918213939j:plain

「Create New Pins」をクリックします。

 

f:id:ijigen_net:20210918213944j:plain

Object Modeに切り替えて…

 

f:id:ijigen_net:20210918213948j:plain

「Play」ボタンを押してみましょう。

先ほど選択した頂点部分がピン留めされ、布が画鋲で留められたような表現になりました。

※Simply Clothのアップデートにより、この辺りのユーザーインターフェースに変更が加えられた模様です。ペイントで簡単にピン留めが出来るようになりました。

Sewing Toolで布を縫ってみよう

f:id:ijigen_net:20210918213953j:plain

Sewing Toolで布同士を縫い付けてみましょう。今回はEdit ModeにてGridを「Shift+D」キーで複製し、真上に配置しました。

 

f:id:ijigen_net:20210918213219j:plain

縫い付けたいエッジを選択します。今回は、手前のエッジ2本を選択しました。

 

f:id:ijigen_net:20210918213223j:plain

「Create Sewing」をクリックします。

※アップデートにより「Create Sewing」から、「Sew」という名称に変更されたようです。

 

f:id:ijigen_net:20210918213228j:plain

縫い付けられる部分が表示されます。

 

f:id:ijigen_net:20210918213233j:plain

「Tab」キーを押して、Object Modeに切り替え「Play」ボタン(または、スペースキー)を押してみましょう。

 

f:id:ijigen_net:20210918213239j:plain

先ほど選択したエッジ同士が縫われます。これが「縫う」機能です。

 

f:id:ijigen_net:20210918213244j:plain

なお、「Select Mesh Bounds」ボタンを押すと境界が全て自動選択されます。

※アップデートにより、「Mesh Bounds」という名称に変更されたようです。

 

f:id:ijigen_net:20210918213249j:plain

そのまま「Create Sewing」(Sew)ボタンを押せば、境界同士が縫われます。

 

f:id:ijigen_net:20210918213254j:plain

Object Modeに切り替え、「Play」ボタンを押します。

そうすると、座布団のような形に…

 

f:id:ijigen_net:20210918213259j:plain

なりました。が、萎んでしまいました。

 

f:id:ijigen_net:20210918213304j:plain

座布団を膨らませたいですね。Gridを2つ選択した状態で、プリセットから「Pressure(圧力)」を選択してみます。

 

f:id:ijigen_net:20210918213309j:plain

「Play」ボタンを押します。これで膨らむかと思いきや…

 

f:id:ijigen_net:20210918213314j:plain

上昇してどこかへ飛んでいってしまいました。「Reset」ボタンを押して、シミュレーションを中止します。

 

f:id:ijigen_net:20210918213325j:plain

これは、圧力のかかる方向が、上方向のみになってしまっているためです。

「Check Face Orientation」をクリックしてみましょう。

 

f:id:ijigen_net:20210918213330j:plain

面の方向が青色と赤色で表示されます。どうやら、青い面の方向に圧力(プレッシャー)がかかっているようです。

 

f:id:ijigen_net:20210918213335j:plain

下に配置したGridの面の方向を反転してみましょう。

 

f:id:ijigen_net:20210918213340j:plain

Edit Modeに切り替えて、下のGridの面を選択します。

 

f:id:ijigen_net:20210918213345j:plain

「Flip Normals」をクリックして、面の方向を反転させます。

 

f:id:ijigen_net:20210918213350j:plain

これで、上のGridは上方向に、下のGridは下方向に圧力がかかるようになりました。

 

f:id:ijigen_net:20210918213355j:plain

Object Modeに切り替えて、「Play」ボタンを押してみましょう。

 

f:id:ijigen_net:20210918213401j:plain

さぁ、どうなるでしょうか…

 

f:id:ijigen_net:20210918213405j:plain

空へ飛んでいかず、座布団のような形になりました。

 

f:id:ijigen_net:20210918213410j:plain

立方体にぶつかって萎んでしまうときは、プレッシャーの値を調節してみてください。

レンダリングで変になってしまうときは…

f:id:ijigen_net:20210918213415j:plain

レンダリングをした時に、上のような気持ち悪い状態になってしまったときは…

 

f:id:ijigen_net:20210918213420j:plain

モディファイアの項目の中から、一番上のSubdivisionsの項目の中にある「Render」と「Viewport」の値を同じにしてみてください。

 

f:id:ijigen_net:20210918213425j:plain

そうすると直りました。(理由はよくわかりません。)

※Simply Clothのアップデートにより、この不具合は無くなったようです。

最後に

f:id:ijigen_net:20210918213430j:plain

Blenderのクロスシミュレーションは、設定項目が多く、途中で疲れてしまうことが多かったです。

「Simply Cloth」があれば、設定がスピーディーに出来るので、クロスシミュレーションが捗ります。

 

f:id:ijigen_net:20210918213440j:plain

というわけで今回は「Simply Cloth」というBlenderアドオンを使ってみました。

「Simply Cloth」を使うと、Blenderのクロスシミュレーションが、より快適で楽しくなりますね(о´∀`о)

 

TOPに戻る